珍しい形状の名刺で相手の注目をひく

ビジネスマンとして名刺交換は欠かすことのできない重要な仕事の一つです。
たった一枚の小さな紙切れから大きなビジネスチャンスへ結びつく可能性があるからです。
異業種交流会に参加すると多くの人と知り合うことができ、仕事の幅が広がったり新たな分野に興味が持てたりするのです。
しかし、白い紙に会社名と氏名そして連絡先が書かれているだけでは、相手に印象付けることは難しいですし、そのまま忘れ去られてしまうかもしれません。
そこで珍しい形状をした名刺を用意することで、相手に少しでも自分のことを覚えてもらいます。
たとえば小さなパンフレットのように冊子形式になっていて、たくさんの情報が書き込まれている名刺であれば、紙の厚みもあって他との差別化が図れます。
また、名刺に顔写真などをプリントすることで名前と人物を結びつけてもらうことができます。
さらに紙ではなくプラスチックや竹などの素材を用いると、手触りが異なりますので印象に残るケースが多いです。

パチンコ 派遣

飲食 派遣

激安 エアコン取り付け

販売 派遣

軽作業 派遣

最新記事

  • 名刺とは、自己紹介の一環として個人や業務用として使われています。
    一般的に名前が1番目につくよ …

    続きを見る

  • 仕事をしていく上でとても大きな存在になってくるのが、小さいながらも名刺になります。
    仕事で先方 …

    続きを見る

  • 大企業に勤めている場合はテンプレートを統一する必要がありますが、営業に回っていて個人の氏名を覚えて欲 …

    続きを見る